<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

東武鉄道モハ7329

a0073976_22183257.jpg


東武動物公園の片隅にひっそりと保存(?)されていました。旧国鉄の63系電車の車体を更新したものです。周囲には柵があり近づけなくなっていました。

東武鉄道には東向島駅に東武鉄道博物館があり、そちらに保存車両がいくらかあるようですが、この車両はそこでの保存の対象からは外れているのでしょう。

鉄道路線が廃止になるときに車両や駅舎を保存することはよくあることですが、後々のメンテナンスがされずに荒れ放題になるケースも多いのが残念です。
[PR]

  by nycpb2000 | 2006-11-19 22:27 | ちょっと一息 | Comments(0)

52'6" Drop End Mill Gondora

a0073976_23413346.jpg


さかつうで以前購入してそのままになっていたProto2000シリーズのプラキットを組み立てました。Proto2000シリーズはライフライク社のブランドでしたが、ライフライク社がウォルサー社に吸収されたので、今はウォルサー社から発売されています。以前作ったホッパー社はライフライク社時代のものでした。

このキットはTime-Saver Kitで、”Get on track in an hour or less"というふうに短時間で完成するのが売り物のようです。実際作り始めると本当に一時間以内で組みあがってしまいました。しかもかなり簡単です(ホッパーの時はすごく大変だったので拍子抜けしました)

a0073976_23415543.jpg


左側がProto2000、右側がアサーンのBlue Boxのキットですが、グラブアイアンやステップが別部品で細いために、ディテール部分は圧倒的にProto2000が勝っています。(値段もかなり違うのであたりまえかもしれません)


だがしかし!
部品が全部入っていませんでした・・・(悲)・・・・
ブレーキハンドルその他一式の部品が見当たらないのです・・・
これがないとアメリカ型の貨車としては締りがないものになってしまいます。
[PR]

  by nycpb2000 | 2006-11-11 23:54 | プラモデル・模型 | Comments(0)

MiG-21 MF イラク空軍

a0073976_0114661.jpg


MiG-21 MFはMiG-21 SMの輸出型です。このモデルは1980年代前半、イラン・イラク戦争時のイラク空軍機の機体をモデル化したものです。

MiG-21は60年代、70年代に共産主義諸国に多数輸出されたり、もしくはライセンス生産されたため、総生産機数は1万機を超えています。中国は改良型を今でも生産しているようです。また安価であったためいわゆる発展途上の国にも手に入る「お手軽」な戦闘機だったと言えるかもしれません。

塗装はエアブラシです。機体下部色はラッカー系塗料、機体上部の迷彩は水性塗料を使いました。部分的に綺麗に仕上がったところもありますが、全体的にはまだまだでしょう。これからも経験の積み重ねです。

フジミではMiG-21の様々な機体をモデル化(もしくはデカール入れ替え)しているようです。個人的にMiG-21は好きな飛行機なので、いろんな国の仕様で作ってみようかなと思っているところです。
[PR]

  by nycpb2000 | 2006-11-11 23:50 | プラモデル・模型 | Comments(2)

AC&F 70t Covered Hopper

a0073976_23305725.jpg


KATO U.S.A. のプラ製ホッパー車を組み立ててみました。数ヶ月前にYahoo!オークションで落札してそのままにしていたものです。

接着剤不要のキットで、部品はそれぞれカチッ、カチッと気持ちよく組み合わさり、あっというまに3両出来上がってしまいました。
[PR]

  by nycpb2000 | 2006-11-11 23:39 | プラモデル・模型 | Comments(0)

メッサーシュミット Me262A チェコスロバキア空軍

a0073976_23563276.jpg


Me262Aは第二次世界大戦末期にドイツ空軍で使用された世界初の実用ジェット機です。詳しくは調べていないので分かりませんが、戦後おそらく賠償の一環として残存兵器が戦勝国に引き渡されていたのだと思われます。このMe262Aはチェコスロバキアに引き渡されたものをモデル化したものでしょう。

ハセガワのプラモデルは組み立てやすいのですが、このモデルは主脚の取り付け部分がカチッとはまらずブラブラしていました。私の不注意で、主脚が接着剤で固定される前に機体を起こしてしまったため、主脚が斜めになってしまいました。この角度では分かりませんが、前からは見られない状況です。。。

塗装はアクリル水性塗料をエアブラシで吹きました。個人的にはうまくいったと思いますが、まだまだ修行(?)はこれからです。これからはラッカー塗料で塗装してエナメル塗料を使ったスミ入れ、ウォッシングにチャレンジしてみたいと思います。
[PR]

  by nycpb2000 | 2006-11-10 23:56 | プラモデル・模型 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE