<   2010年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

鉱山都市 6vs6 スーパーミラクルマチ

ジオンカード「イジー」で野良出撃時の事・・・

メンバー紹介で「あ、バースト組の中に吸い込まれちゃったなぁ」と思いながら見ていると、5番機になんと小隊長登場!さすが独立小隊効果!バンナムぐっじょぶ!!これで2バー×3と同じだと思うと、体の中に何かが漲ってきました。

小隊長がギガンを選択したので、護衛には自分が一番安定した戦果を上げられるザクⅡ改を選択して出撃。シンチャで「5番機、発見、よろしく」と打ったら小隊長からも「6番機、発見、よろしく」と応答があり、「さぁ、いくぜぇ」と気合いを入れたら、また「6番機、発見、よろしく」とシンチャが??小隊長がもう一回打ったのかな?でも音声が違うぞ??と思っていると「3番機、4番機、タンク、援護する」と、光の速さで先行する寒ザクとザクⅠの姿が・・・。

「3番機のPN・・・どこかで見たことある。4番機も・・・」

しかし、思い出す暇もなくタンク周辺での戦闘が開始。明らかに動きの違う3番機、4番機の後方から引き撃ちに徹する自分。しかもザクⅠの連撃にも被せてしまう始末でした。3番機、4番機の援護の下、小隊長が拠点2落としに成功し、1戦目勝利!

2戦目は私がギガン選択。小隊長が焦げ、3番機がザクⅡ改、4番機がザクⅠ。開幕後定番の左ルートで枚数報告しながら進行。3護衛vs3アンチという展開となりました。定番の砲撃ポイントから砲撃を開始したものの、小隊長の方でアクシデントが発生。砲撃ポイントにとどまることができず、移動しながらの砲撃となりました。タンクとしては変な動きだったと思います。3番機と4番機のおかげで1落ち前に拠点を撃破。後退中に拡散弾でジム・カスを取るも、ジムキャのMS弾に硬直を取られて被撃破。リスタ時に4番機から拠点防衛の指示があり、後半はひたすら拡散弾を打ってました。司令塔の仕事は敵タンクの進軍ルートを報告したくらいしかできませんでしたね。
この戦いも勝利!3、4番機もそうですが、1、2番機も凄かった。最後は3番機とダンス(うまくできていたかどうかは分かりませんが)してました。

POD出て、携帯サイトを早速確認。3番機さんは・・・まんせるさんでした!

戦闘用に脳のリソースをフルに使っていたんで、プレイ中に思い出すことができなかったのが残念です。とりあえず、2戦とも勝利できたことに安堵してます。脚を大きく引っ張らずに済んだ(多分)のも幸いでした。まんせるさん、どうもありがとうございました。
小隊長にはメールで今のマチがいかに凄いミラクルだったかを伝えときました。

こんな素晴らしい出来事が起きる「戦場の絆」って、やっぱり凄いゲームです。いろいろあるけど、稼働停止日までやり続けたいと思いました。
[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-31 22:50 | 戦場の絆 | Comments(25)

グレートキャニオン 6vs6

44では好調だった私のタンクですが、66では厳しい結果に終わりました。44で成績が良かったのはちょっと無謀な動きをした私に味方がうまく対応してくれた結果だったことを思い知りました。

二日やって拠点を落とせたのは一回だけでした。相手にタンクがいなければ、キャンプして拡散弾、MS弾打ち込んでいれば勝ちが見えてくるんですが、両軍タンク入りの場合は中々ラインが上がらず後方で拡散打つだけで終わったり、かといって先行すると誰も一緒に来てくれなくて撃破されたり・・・。

GCでは両軍睨みあいの中、MS2機分くらいコスト負けしている状況で相手が引き始めた時が拠点を叩く数少ないチャンスではないかと思います。問題は残り時間と、前衛MSの状況です。敵が引き始めてもピリった状態の前衛が多ければ、反撃にあって護衛が消失し、タンクも後退せざるを得ず、拠点を叩く時間がなくなってしまいます。ブレイズさんの言っていた残り120カウント(66ならばもっと早い段階かも)の話を思い出しました。拠点を叩くのか、MS戦に徹するのか・・・ここはタンクの状況判断能力が問われるところ。私は迷ってばかりで結果を出せませんでした。そればかりか、敗北したのに拡散だけでリザルトトップという最低なことをしてしまいました。

・仮説
個人的な感想ですが、今までのGCAクラでは、峠付近の睨みあいはあまり発生せず、タンクも護衛も乳首岩付近まで突進して敵アンチとサッカーになることが多かったと思います。サイレントさんのSクラGC白タンの動画を拝見した時、Aクラとは全然違うなと感じていました。それが今回のGCから大きく変わりました。昇降格システムの変更で元中将以上の特権が廃止され、Sクラス昇格試験制度ができた関係で、元Sクラの方が降格した場合、再昇格まで今までよりも長期間Aクラに留まることになり、佐官戦にも将官戦レベルの戦術が持ち込まれて来たということかもしれません。となれば、自分もそれに順応できるようにしなければいけないですね。

個人的纏め
・GCのタンクは拠点落とし有きではない。
・しかし、敵のキャンプを防ぐためタンクは必須
[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-27 23:59 | 戦場の絆 | Comments(13)

グレートキャニオン 4vs4

今回のGC44は個人的に満足のいく戦いでした。戦績は下記の通り(佐官以上のカードのみ)。

連邦(5勝3敗)
adAcBSBS

ジオン(5勝3敗)
BcaBSAbS

連邦、ジオンとも勝ち越すことができました。積極的にタンクに乗り(タンク搭乗時の戦果ランクには下線を引いています)、タンクでの戦績は連邦が4勝1敗、ジオンが2勝2敗でした。

タンクでは意識して司令塔となり、指示出し、戦況報告に努めてました。しかし、一旦戦闘に巻き込まれてしまうとその対応に手いっぱいで声もでなくなり、出してもVSCの誤爆を連発してしまう体たらく。もっと落ち着いてプレーすればいいんでしょうけどね。声を出さずにいると、逆に前衛から「拠点を叩く!」「いくぞ」とか言われてしまいました。

・イジーのGC44タンク戦術?
オーソドックスに開幕「上エリア、拠点を叩く」とVSCを打ってアーチ下まで進軍。前衛の動きを見ながら、砲撃ポイントに向かうタイミングを見計らおうと思ってたんですが、逆に前衛がタンクの動きを見ている感じだったので、「タンク、先行する」とVSCを打ってアーチ上から砲撃ポイントに移動することが多かったです。敵アンチが待ち構えていることもありますが、ここは味方を信じて
突っ込んでました。幸いにも昨日、今日と裏切られることはなかったです。

拠点落とした後、2落としを狙うかどうかはゲージ差との相談でした。今日は積極的に狙ったのは1回だけ(2落としでゲージ飛ばして終了)で、追加弾による前衛支援が主な仕事になりました。前衛のおかげで楽な展開が多かったですね。

・春の珍事?
それと今日は近距離でSを3回も取りました。1日でS3回(タンク1回と合わせると4回)というのは過去にも記憶が無いですね。相手の動きがよく見えていたし、2対1の状況をうまく作り出して、背後から6連マシ2セット叩きこんだり、カット中心に立ちまわった結果なんですが、自分でも驚いてます。そして、この好成績の結果、ジオンメインカードの「イジー」は大佐に復帰(髭2本付きで)しました。
(追記するかも・・・)
[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-25 23:59 | 戦場の絆 | Comments(31)

トリントン 4vs4

トリントンは好きなステージだったのですが、今年に入ってからの戦績を集計すると連邦、ジオンとも負け越しており、特にジオンは勝率が3割を切っていました。しかも出撃可能な平日は44という、個人の技量が問われるマッチング・・・ちょっと自信が無かったので、実戦よりもトレモでの出撃の方を多くしました。

今回のトリントンの実戦戦績は連邦11勝1敗、ジオンは3勝3敗でした(バンナム戦は除く)。メインカードの「イジー」(ジオン)や「イサピ」(連邦)は通算で700勝程度なのですが、敵味方に緑グラフや元将官をよく引き、高コスト機主体の編成になることが多いです。そのため、MSが撃破されるたびにゲージ差が逆転するという、まるでシーソーゲームのような展開になります。終盤、両軍のコストゲージが殆ど残っていない状況で「自分が落ちたらゲージが飛んで負け、相手を倒せばゲージを飛ばして勝ち」という手に汗握る状況に何度も遭遇しました。

・やはり基本はタンク入り編成
両軍合わせて14勝のうち、格差マチでフルアンチで勝利した1勝を除き、全部タンク入り編成で勝ちました。連邦での1敗はフルアンチで敗北でした。44だとフルアンチでも良いという意見もありますけど、個人的にはゲージの25%を削れるタンクはやはり重要だと思うんです。2落としがデフォの44ではなおさら。ちなみに2戦に1戦はタンク(ジムキャ、ザクキャ)に乗り、連邦では全勝でした。ジオンでは自分がタンクを出した戦いは残念ながら全敗でした。拠点2落とししても負けると、がっくりきちゃいますね。

トリントン以外では敵がフルアンチだとタンクは後退して追加弾で前衛支援となりますが、ここトリントンでは追加弾が使いにくいので、フルアンチでも強引に拠点を叩きに行かなければならないと思ってます。味方もタンクの事情を理解して、フル護衛してくれることが多かった(連邦では)です。2落ちしたとしても、拠点を落とせばかなり有利な展開に持ち込めました。

・連邦での大幅な勝ち越しは嬉しいけれど・・・
この勝利は「ジオンのおかげだ」(version up時に削除された敗北時リザルト画面のシンチャを想像してください)と言いたいです。特にこの二日間、敵として対峙したジオン軍は、1戦目負けちゃうと2戦目はフルアンチ・・・というか誰もタンク出したがらないまま編成が乱れ、負けるべくして負けたという感じでした(格祭りになったり、射が出たり・・・サイサには驚きました)。偶然だと分かっていますが、こうも立て続くと「???」という気持ちになります。

以前えびはらさんのブログの記事にコメントした際に、ブレイズさんから「最近の絆プレイヤーは技術面も問題だが、基本的なマナーが欠けている」という指摘がありましたが、まさにこういうことなんですね。ブログでえびはらさんが指摘していた「今の絆の問題はプレイヤー側の問題では?」という意見を重く受け止め、絆クオリティの向上を全プレイヤーで考えていかなければならないのでは(少々大げさですが)と思いました。
[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-23 22:10 | 戦場の絆 | Comments(16)

ヒマラヤ 6vs6

今回のヒマラヤは連邦で出撃してました。サブカの「Capt.869」がヒマラヤ13勝で、ジムスト(ネメシス隊)の支給まで後17勝だったのですが、時間の都合上、11勝しか上積みできず、支給は次回のヒマラヤまで持ち越しとなりました。しかし次回のヒマラヤはいつになるんでしょう??ステージ数も増えたので数ヵ月後になりそうですね。

ヒマラヤでの連邦タンクですが、ガンタン赤2で右ルートが一番良い結果がでました。右ルートは攻撃を受けやすいので少しでも装甲を厚くし、1落ちするまでにできるだけ多くの拠点弾を撃ちこむことを考えてました。護衛次第では落ちる前に拠点撃破も可能ですが、さすがに生きて拠点まで戻ることはできなかったですね。

・ナハト、キライ!
連邦タンクで右ルート進行。レーダーにて敵アンチ数を確認。機影は一機なので「右ルート敵1番期」と報告。味方護衛のが先行し、敵アンチを牽制中に、悠々と砲撃ポイントに到着。「こちらタンク目標地点到達」と打って砲撃を開始した瞬間に斬られる私。「え、誰もいないはずなのに。しかもレーダーには何も映っていないぞ?」もしやと思って旋回するとやはりアイツ・・・黒装束の忍者イフリートナハトでした。この時は別の護衛が直ぐに来てくれた(ナハトを視認していたと推定)ので事なきを得ました。
ナハトのステルス効果、賛否両論あるようですが敵として対峙した感想はかなり厄介だと思いました。特にヒマラヤのように岩や洞窟等、容易に身を隠すことができるステージではステルスの効果(レーダーに映らない)が遺憾なく発揮されていると思いました。
レーダーに映らない、どこにいるかわかんない、というのは恐怖感がありますね。それで現れたのがアッガイ(原作ではステルス効果があった)だったら「こ、こいつw」ってほほ笑むことができますが、黒いアイツだったら「もうイヤ!」ってなりますよね。

皆さんのナハト対策があればお聞かせ下さい。

ところでナハトって嫌われモノのアイツに似てますよね。黒くてコソコソ動く、そう、ゴキブリさんに。

べ、別に自分が持ってないからって、僻んで言ってるわけじゃないんだからね!
[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-19 23:59 | 絆戦記・連邦 | Comments(9)

戦場の絆とは全く無関係の話題です

先日の日記で、「中学に入ったらバンドを初めて・・・」ということを書いてましたが、私がバンドをやりたいと思うきっかけになったバンド、レインボーのボーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオが5月16日に永眠しました。享年67歳。とても寂しい気持ちでいっぱいです。

レインボーやロニー・ジェイムス・ディオと言えば、私と同じ40代で洋楽(特にハードロック)が好きならば、知らない人はいないというくらいの存在でした(日経新聞の訃報欄にも出るくらいです)。

ロニーは還暦過ぎても現役バリバリにロックしていて、つい3年ほど前にも来日してました。その時のコンサートに行ったのが自分にとっては最後になってしまいました。また今度来日したら見に行こうと思っていましたが、その機会は永遠に失われました。

引用した動画は1977年のレインボーのドイツでのライブから"Man on the Silver Mountain"(邦題「銀嶺の覇者」)です。「生まれて無かったよ~」って言う人もいるかもしれませんね。こんな音楽、バンドがあったんだ、みたいな感じで見て頂けたら幸いです。


[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-16 23:59 | ちょっと一息 | Comments(0)

秋葉原

土曜の夕方、CDを買いに秋葉原に行ってきました。

ゲットしたのはソニョシデと放課後ティータイムのCDです。ソニョシデは最近ハマっている韓国のアイドルグループです。日本で言うと「テクノなモーニング娘。」みたいな感じです。放課後ティータイムはけいおん!!のオープニング曲「Go!Go!Maniac」を買いました。最初聞いた時には「変な歌」としか思えなかったのですが、いつのまにか洗脳されてしまいました。

それと、いろんな方のブログで話題になるトライアミューズにも行ってきました。またいつか、オフ会に参加させて頂く機会もあるかもしれないですから。「戦場の絆」は3階の(ほぼ)専用フロアに設置されていました。待合スペースも広くオフ会にベストな環境であると思いました。

土曜の夕方だし、秋葉原だし、それなりに名の知れた店舗だし、きっと混んでいるから見学だけにしようと思っていたのですが、3階のフロアに到着してびっくり。待合スペースには誰もいませんでした。8台のPODのうち4台がプレイ中でしたが、誰もいないフロアにただ絆の効果音が響き渡る様は物悲しいものがありました。

せっかくなので1クレだけプレイしましたが、ラグが酷かったです。8vs8だからだと思うのですが、カクカクのコマ送りの画面、入力した格闘が認識されたのかどうかもわかんない状態で、敵の攻撃だけもろに食らっている感じでした。もともと残念な腕前がさらに残念になってしまいましたね。リプで見ていると、棒立ちになり袋叩きになってました。

帰り道にガンダムカフェの近くも通りました。かなり人が並んでいました。空いたら行ってみようと思います。
a0073976_0361314.jpg

[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-15 23:59 | 戦場の絆 | Comments(19)

大阪出張

誕生日の翌日は大阪に日帰り出張してきました。

新幹線に乗る前に、コンビニで朝食兼昼食のパンを選んでたんですが、こんな名前のパンを発見!
a0073976_0282389.jpg

もちろん即決で買いました。ジオン軍糧食部製かと思いましたが違ってました。ちなみにかなり美味しかったです。

勤務している会社の大阪事務所は最近移転したのですが、大阪でも賑やかなところにあります。しかも、事務所から徒歩1分のところにナムコランドがあるんです。「NL梅田@元餃子」大隊があるところですね。これで大阪に単身赴任になったとしても戦えます。

会議が終わった後「東京に帰りまぁーす」と言いながらビルを出ると大阪駅とは違う方向に歩いてナムコランドに行ってきました。中に入って気がついたのですが、ここはトヨタの自動車展示場「アムラックス大阪」があった場所ですね。10数年前、大阪府民だったころに来たことがあります。

平日のということで空いており、7クレもプレイしてしまいました。最後のクレの2戦目、自分だけがカヤの外みたいな戦績で終わり、携帯サイトで敵マチ、味方マチした方について調べてみると、自分以外全員元大将か元中将でした。道理で動きもシンチャもレベルが違うわけです。表面上は同じ佐官という階級ながら腕前はSクラス・・・階級なんてもう当てになんないなと強く感じた一戦でした。
[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-14 23:59 | 戦場の絆 | Comments(17)

今日で・・・

実は43歳になってしまいました。

私は1967年(昭和42年)生まれで、ガンダムのテレビ放送が始まった年(1979年)には小学校6年生でした。しかし、正直に言うと小学生の時にはガンダムを見ていませんでした。っていうか、当時住んでいた岡山県では放送されていたのかどうかも分かりません(wikiで調査中)。

私がガンダムと本格的に出合ったのは中学生になってから。ガンダムで騒いでいた友達の影響を受けました。ちょうど劇場三部作が公開されていた頃です。テレビでの再放送も一生懸命見ていました。太った女の子にドムとあだ名をつけたり、実在しないMSの性能について議論が白熱し喧嘩になる友人たちを冷めた目でみたりしてました。当時から連邦よりもジオンの方が好きでしたね。ジオン兵の方が人間味があるというか、親しみを感じるエピソードが多かったですから。

高校に入るとバンドを始めたので、急激にガンダムへの興味は衰えて行きました。Zが始まったころは受験生だったし、ZZの頃は大学で女の子を追いかけてました。ですから、私にとってガンダムはファーストが全てです。Z以降のガンダムには興味ありません!(ハルヒ風に)

戦場の絆を始めたのは「ザクⅡに乗れるんだったらやってみたい」という理由からでした。で、始めてみると、ファーストに登場していなかったMSがいっぱい出てくるわけです。陸戦型ジム?ドム・トローペン?なんじゃこれ??みたいな感じで。それらが、ファーストとZの間に後付け設定で作られた話に登場するMSだと知るのは、暫くたってからのことでした。「0083」、「MS第08小隊」、「ポケットの中の戦争」等を見て、より一層「戦場の絆」に感情移入しちゃうようになりましたね。

なんか書いててまとまんなくなってきたので、思い出話はこのへんで終わりにします。

ちなみに自分への誕生日プレゼントはこれ↓
a0073976_23591789.jpg

しかし、作る時間はあるんだろうか?
[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-13 23:59 | ちょっと一息 | Comments(20)

勢力戦 終了

長かった勢力戦もようやく終わりました。イフリート・ナハト、ストライカー・カスタムをゲットされたみなさん、おめでとうございます!

・イジーの勢力戦結果

<ジオン軍>
イジー      42回 14勝 160pts
3KインNagi 20回 9勝  44pts
やっぱりポア   12回 8勝  52pts

<連邦軍>
イサピ      12回 7勝  49pts
Capt.869    10回 6勝  40pts
IFRS2015    14回 8勝  55pts

こうやって6枚のカードの勝率を比べてみると「イジー」の勝率が極端に低いです。「イジー」には既出のジオン機体が全て揃っていたので、ナハトを加えるならこのカードと思って勢力戦に参戦したのですが、あまりに負け続けたため精神的に参ってしまい、ナハトは早々に諦めました。
ジオンカード3枚の勝ち数を合計すると30勝超えているという皮肉な結果に終わっていますけどね。

ブログにも書きましたが、途中から勢力戦の参戦目的を「全カードに最低勢力戦ポイント(40pts)の特別称号をゲットする」に切り替えました。なんとか各カード40pts以上獲得したので、その目的は達成することができました。

実は得られた称号を編集してこんな称号を作りたかったんです。

ジオン軍「新兵器奪還部隊」 連邦軍「新兵器牽制部隊」

新機体をゲットできなかった恨み節・・・というわけではないですけどね。とりあえず新機体を発見したら粘着するつもりです(そして返り討ちにあうんですね、分かります)。

今日はTさんとAクラジオンでバーストしていたのですが、予想通りストカスやナハトがたくさん湧いてました。6機中3機がストカスという戦いもありました。みんな新機体に乗りたいからタンクがなかなか出ず、編成が乱れてしまうこともありましたね。この混乱は今週いっぱいは続くと予想しています。

・ミラクルマチ
カード投入後、マッチング待機時間が140秒から80秒にいきなり減って「何かまずいことでも起きたのか?」と思っていたら、他店から出撃していたさん小隊長とミラクルマチしました。独立小隊優先マチの賜物ですね。戦いは残念ながら連敗してしまいました。

・ザクタンク
今日ジオンで出撃したカードはザク系縛りにしているので、タンクはザクタンク(通称白タン)で出撃しました。
追加弾はいろいろ試してみましたが、今日は焼夷榴弾が効果的だったようです。拠点落とした後に、自拠点付近から焼夷榴弾を撃ちまくっていたんですが、前衛にいたTさんから「炎上効果の持続時間が思っていたより長く、その間にマシや格闘を叩きこめるので良い感じ」とインカム通じて連絡がありました。
個人的には一発ダウンの拡散弾よりも前衛との連携が取りやすいので、白タンのるなら追加弾は焼夷榴弾がデフォかなと思ってます。
[PR]

  by nycpb2000 | 2010-05-12 23:59 | 戦場の絆 | Comments(16)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE